SAMURAI SPIRITS

THE SPIRIT AND CULTURE OF THE SAMURAI

福島県は、東北地方の南に位置し、東京から新幹線で約90分のところにある。会津若松(あいづわかまつ)市は、四季を楽しむことができる歴史深い城下町。そこには、個人・人間としての生き方や尊厳、誇りを重んじる武士道(サムライスピリット)が根付いている。 ちょうど150年前、会津藩は政府側と幕府側の戦いである戊辰(ぼしん)戦争で、幕府側の多くの武士が自らの尊厳と忠誠のために戦った。中でも、現在の福島県会津地方の武士たちは、最も厳しい武士道(サムライスピリット)を持った武士として知られている。 会津若松市には、街・人々・文化に触れることで、今でも根付く武士道(サムライスピリット)を感じることができる。それ(街・人々・文化に触れること)は、自分自身を見つめ直すきっかけの旅になるだろう。 ぜひサムライスピリッツを描いた映像を御覧ください。

会津(Aizu)、そこは最強のサムライたちが育った場所。この動画では、現代に生きるサムライ長沼氏のもとで「西洋の騎士道」に通じるフェンサーたちが剣道を体験し、「日本の武士道」と出会います。

戊辰(Boshin)戦争では約1ヶ月に及ぶ激しい攻防戦に耐えた名城として知られる鶴ヶ城。(昭和40年に再建)

はじめての剣道試合を通して彼らは何を感じるのでしょうか。

現代に生きる侍のスピリットを体験してください。

参考リンク:SAMURAI SPIRIT | I PLAY FUKUSHIMA