五感全開で大地に溶けていくような体験を!道東の火山・森・湖の恵みと力強さを伝えたい

3年前に道東と出会って以来、その奥深さに魅了され続けているwondertrunk & co.のプロデューサー宮早希枝。日本最大のカルデラ地形を誇るこの地でしかできない体験とは・・?道東の魅力、おすすめの滞在スタイルと体験について語りました。

ネイチャーアクティビティの聖地である道東

野生生物が多く生息する知床国立公園、火山によって生まれた阿寒摩周国立公園、鶴が飛来する釧路湿原国立公園など、これだけ多様な特徴が集まっているエリアは世界的に見てもなかなか少ないと思います。ネイチャーアクティビティの聖地である道東の自然を堪能するには、とにかくゆっくり滞在して、そのときどきの体験や出会いを味わうのがおすすめです。

屈斜路湖にダイブできるアウトドアサウナで、大地に溶けていくような体験を

ここでしか体験できないことの1つは、阿寒摩周国立公園の屈斜路湖にダイブできるアウトドアサウナです。日本一大きなカルデラ湖である屈斜路湖は、川底が見えるほど透き通った美しい湖なんです。この湖に体を浮かべ、指の先から大地に溶けていくような体験をしてもらいたい!と思い、湖畔にサウナを設置しました。サウナで使用している薪も、ヴィヒタもハッカオイルも全てこの辺りの木や道東の商品を使っています。存分に汗をかき、五感全開でサウナ体験を楽しんでください!

山全体が花束みたい!圧巻の紅葉シーズンが目前

国内ではあまり知られていませんが、北海道は紅葉の穴場スポットです。本州に比べて原生林が多く残っているので、多様な種類の木がいっせいに色づく10月半ばは、山全体が花束のような圧巻の紅葉を楽しむことができます。極彩色の紅葉をながめながら、釧路川の原生林を下るカヌーに乗って澄んだ空気を思い切り吸い込んでみてください。また空気が澄みわたる秋の夜は、ひょいとつまめそう!と思うくらい鮮明に星が見えますよ。

旅は愛する人や場所とつながる平和装置

旅をすると、今自分が生きる時間の流れや常識とは全く違う世界が、どっしりと揺るがず存在することに不思議な安心感を覚えます。例えば私が、道東で美しい景色に胸を打たれているこの瞬間に、地球の裏側ではお祭りが始まっていたり、知床ではクマが鮭をとっていたり、フィンランドでは空がオーロラに包まれていたり・・。そしてそこで人と人が出会い、縁が生まれ、人や場所につながる小さな窓が心の中にできる気がします。

自分の中に別の世界につながる窓を持つと、その向こうにある大切な人や場所をいつでも想い合えるし、しんどい時にちょっとその窓をのぞいて、今この瞬間に確実に流れる別世界の時間を想像することもできます。オンラインでどんな情報も手に入れられるようになった今だからこそ、その土地の気配や匂いを感じ、肌触りを感じることはとても大きな意味を持っていると思います。私にとって旅は、そうやってたくさんの愛する人や場所とつながる平和装置です。

生きている自然を五感で感じ、セレンディピティに心がときめく そんな体験ができる場所

ぽろぽろ落ちてきそうな星空。視界を埋め尽くす圧倒的な夕焼け。鏡のように透き通ったカルデラの屈斜路湖と山々を見ていると、本当に神様みたいな何か大きいものがいるような気がしてきます。

雲の形、空の色、湖の波の大きさ、周りの木々の色・・人の目には気づかれないくらいにこっそりと変わっていく。そういうものは地球が気まぐれに見せるショーなので、写真を撮りに待ち構えているときに見られるものではなく、ふとした瞬間に出会うもの。そんな、想像をひょいと超えてくるセレンディピティ(素敵な偶然)にいつも心がうるうるします。

この辺りの人も、みんなこの力強く表情豊かな自然が大好きで、火山の恵みを楽しみながら暮らす人々ばかりです。道東は、いまなお噴煙をあげる硫黄山をはじめ、生きている自然を五感で感じることができる場所です。ぜひ長期で滞在しながらたくさん深呼吸をして、動物と虫と木と人が同じ自然の中で生きていることを体感してもらいたいと思っています。

宮がプロデュースしている北海道、屈斜路湖畔でのグランピング体験はこちら