• ENGLISH
  • 日本語
  • ENGLISH
  • 日本語

当たり前の毎日が贅沢な場所 五島列島のパン屋さんを旅人の拠点に

wondertrunk&co.の長崎県五島市の拠点であるwondertrunk travel-bakeryでマネージャーを務める若菜聡子。五島列島の富江生まれ、福江育ちの若菜が、今だからこそ伝えたい島への想いを語りました。

「普通」で賑やかで、愛しい場所 それが五島

「五島列島ってどんな所ですか?」と聞かれると、いつも少し困ります。ここで生まれ育った私にとっては「普通」なんです。子どもの頃は、テレビのチャンネルが3つしかなかったので、島外のことはあまり気にしたことがなかったと思います。幼少期の自分にとって一番印象に残っているのは、「街がとても賑やか」だということ。特にお祭りやお盆、お正月は商店街に人があふれるんです。ここは自分が育った場所なので、子どもの頃からの思い出も含めて、大好きな場所です。甥や姪も私と同じ学校を卒業し、今の時代を過ごしていることもとても嬉しく、愛しいのです。

高校を卒業して島を出たとき、島の食が贅沢だったことに気がつきました。叔父が漁師だったこともあり、旬の美味しいものを旬の時期に食べられるという恵まれた環境にあったことを、大人になってから実感しました。 島の人は気づいてないかもしれないですけど、スーパーの鮮魚コーナーに生簀(いけす)があるのって島ならではなんですって!当たり前がとても贅沢です。

旅人の拠点としての「パン屋さん」めざして 

wondertrunk&co.との出会いは、前職で一緒にお仕事をしたことでした。いわゆる旅行会社というより、「旅をどれだけ楽しんで頂けるか」を大事にし、お客様と一緒に楽しみながら試行錯誤している様子がとても興味深かったです。旅人の拠点として「パン屋」を作るという視点は、自分には絶対ない発想なので驚かされました。実際に、地元の方はもちろん、観光で来たお客様もパン屋に来てくれて交流の場になっています。もうすこしコロナの状況が落ち着いたら、本来の目的である「旅人の拠点」としての役目をしっかり果たせる場所を作れていったらいいなと思います。

コロナ禍でパンを届け続けるということ 

島である五島は、本土に比べて医療体制がぜい弱で高齢者が多いため、とにかく島外との往来を避け、島全体で島民を守る努力をしていました。そのような中、食料品を提供する店舗として「必要とする方がいる限り営業する」という気持ちでパンの販売を続けてきました。特に、コロナの影響を大きく受けた4月と5月は、ベーカリーでのパンの販売はもちろんですが、パンを楽しみにしている方々にパンを届けたいという一心で、パンの予約サービス、デリバリーサービス、委託販売も始めました。

一方で、この店舗が地域にウイルスを拡げてしまうようなことがあってはならないという不安も感じていました。自粛期間中には「美味しいものでも食べようと思って・・。」とおっしゃるお客様に多数ご来店いただきました。「美味しい」という言葉が何より嬉しいです。

オススメはサイクリング 冬は大物も狙える釣りのシーズン!

夏の五島列島は空・海・山の色が綺麗で一番輝いている季節です。 でも、冬は脂がのった魚が美味しいですし、夏にはないものがあります。密を気にせず、コロナによる運動不足を解消できる「サイクリングツアー」がおすすめです。普段、運動していない方にはハードルが高いと感じる方がいるかもしれませんが、陽気なアメリカ人サイクリングガイドWill(ウィル)が、お客様にあわせたコースを組み立てるので心配要りません。おしゃべりをしながら、ときに励まされながら五島の自然や昔ながらの島の風景を楽しんでいただける内容になっています。

これから寒くなるにつれて、五島は本格的な釣りのシーズンに入ります。島なので風が強いですが、湾が入り組み、風が当たらない場所もあるので、防波堤からでも意外と大物が狙えます。そして、ブリやヒラス(ヒラマサ)、クロ(メジナ)などは脂がのっていてとても美味いんです!贅沢ですが、アラ(クエ)のお鍋なんて、もう最高です!! また、これからは星空が綺麗です。特に、人工物が少ない場所では満天の星空が広がり、天然のプラネタリウムのようです。

旅は、行く前も行ったあとも「贅沢」な、特別な時間

私にとって旅とは「贅沢」です。 決して「贅沢なことをする」という意味ではなく、私にとっては島を出て目的地に向かうという時間が「贅沢」。せっかく旅に出るんだから島ではできないことに挑戦する「贅沢」、日常から解放される「贅沢」、旅先の美味しいものに出会える「贅沢」、学べる「贅沢」、一つ一つが大切な思い出になる「贅沢」。旅することでたくさんのことを吸収できるというのは、とても贅沢だと感じます。

五島列島、とにかく一度来て欲しいです。そして、五島を楽しんで頂きたいです。そのために、私は五島の旅の拠点で、みなさんをお迎えします!

wondertrunk&co.の五島列島への旅 詳しくはこちらをご覧ください!