「旅」に思いを馳せる
〜『魔女の宅急便』の地から〜

wondertrunk & co.の公式Facebookにて、メンバーが「旅に出たくなる本や映画、音楽」をご紹介する企画を配信しております。旅になかなか出られない今だからこそ、旅の思い出をみなさんと共有し、思いを馳せる。そんなひと時をご一緒出来たら嬉しく思います。
本日は、誰もが知っているであろう、あの映画の世界に訪れたメンバーがお届け致します!


思わず旅に出たくなる映画『魔女の宅急便』

こんにちは!wondertrunk&co.のよねです。
みなさんに是非ご紹介したい映画は、スタジオジブリの『魔女の宅急便』です!
一人前の魔女になるために1年間の旅に出るキキ。心地よい日常を抜け出して新しい環境に飛びこんで奮闘するキキは、一歩踏み出す勇気と「旅に出る本当の楽しさ」をわたしたちに教えてくれます。

キキが魔女修行の旅先として選んだ「海が見える街」コリコ。キキが見ていたような景色に浸りたくて、この場所のモデルとも噂された、モンテネグロのコトルに2017年に訪れました!

赤レンガの屋根、石畳の街並みと色鮮やかな木々や緑が望める窓、地中海ならではの新鮮な海鮮料理など、街歩きをしているだけでもワクワクが止まりませんでした。そして、高台から見渡したコトルの景色は絶景!


楽しかった思い出に加えて、レストランでチップを間違って、かなり多く払いすぎてしょんぼりしたことも、今となっては忘れられない大切な思い出です(笑)

旅は自由で楽しいだけではなくて、新しい環境に飛び込むからこそ時には失敗や不安、不便さが付きもの。だからこそ、人は旅に出るのではないかなと思います。
楽しいだけじゃ得られない「何か」を求めて。

今はなかなか旅に出られないけれど、空を飛んで旅に出ることの醍醐味を思い出す不朽の名作「魔女の宅急便」を観て旅を夢みませんか?
(『魔女の宅急便』1989年 / 日本 / 配給東映)